わくわくアート情報/絵画の見方・買い方

アクセスカウンタ

ポチっと⇒人気ブログランキングへ もひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

zoom RSS フランス作家・マークエステル 日本神話「古事記」を描く

<<   作成日時 : 2011/10/07 14:41   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


フランス人の画家マークエステル・スキャルシャフィキは日本をこよなく愛しました。そして今も愛しています。

彼と日本との関係を紐解くと、40年前に来日した当初は画家という立場ではなく、まず外交官として、そしてフランスの現代絵画を日本に紹介する仕事から始まっています。

それ以降フランスの具象画壇の作品が日本に続々と紹介され、大手画廊をはじめ日本中でフランス絵画が流通し、1990年のバブル当時をピークにビュッフェやブラジリエ、カシニョール、ジャンセン、アイズピリなどの人気作家たちは日本の美術市場に定着しました。

その意味では、フランス現代具象絵画という文化を日本に移入した功労者の一人でもあります。

パリ大学を卒業した秀才マークエステルは、若い頃に外交官としてラオスを訪れ、中国語を学び、日本語もすぐにマスターしました。いまや日本での生活においてほとんど不自由しません。

日本に定着したきっかけは、東洋の水墨画の滲みに魅了され、それを西洋画の油絵で表現できないだろうかと絵を描きはじめたことにありました。

マークエステルは、先祖が400年前にイタリアの貴族の称号をいただいたという血筋ですから、その存在自体がオーラを放っています。生まれ育ったのは地中海のある岬に立つホテルで、父親はフランス全体のホテル業界の会長を務めていました。

それゆえになのか、日本での交友関係は文化人や財界や政界と幅広く、また谷村新司・加山雄三をはじめとする芸能人も多く、皆から「マーク」と親しまれています。

作品もまたセレブの女性に人気があります。きっと作品から薫るような華があるからなのでしょう。

しかし彼の近くに接してみると派手さよりも意外と庶民的で質素な一面を持ち合わせているのが見てとれます。ラーメンやお茶漬けなど日本の庶民の食べ物も好きです。

何度か機会があって一緒に温泉に行くと、必ず、体重計を見てよろこんだり落胆したりするのは私と同じなのです。

幼子のような心、そして何よりも芸術家としての本質的な内面が見えてきます。

もうじき70歳にならんとする今日まで独身を貫いて来ましたが、私財を投じてアフリカの子供たちの為に学校を二つ建てて、語る言葉は「この子たちが自分の子供だ!」

世界を股にして忙しく駆け巡りながら、世の中に本来あるべき姿を胸に抱いて生きてきた者の一つの証しです。

現在も、東京・成田・香港・北京・上海・パリに拠点を構え、ひと時も休むことなく、創作と展示会に明け暮れています。


最後にマークエステルの日本における最も大きな功績を紹介しましょう。

それは、フランスの現代絵画を日本に紹介したといった事業的なことではなく、自らが画家として為した偉業です。

まず、日本神話ー古事記全編を油彩の絵画にして、自費で一冊の本にまとめ上げ、しかも英語・フランス語・スペイン語など世界7カ国に翻訳し出版しました。

さらに、日本神話を描き始めてから現在まで続けていることは、伊勢神宮を皮切りに、日本の重要な神社に、その神社と関連する古事記のワンシーンを描いた作品を無料で奉納し、このブログが書かれた時点で60箇所を越えました。天岩戸神社へ古事記作品奉納

奉納作品のほとんどが、その神社に相応して作家が受けたインスピレーションの賜物です。

彼の真の功績とは、日本神話の絵を大作に描いたということだけでなく、さらに公的な動機を持って活動の輪を広げたことです。


ところで来年2012年には古事記編纂1300年を迎えますが、私たちが日本神話をどれほど知っているでしょうか。

画像


上の写真は、福岡で行われたマークエステルの世界展で、そこに来られて作品を購入された若いファンの方々と一緒に撮ったものです。

若い人たちがマークエステルの絵を通して日本神話に深く触れることは、彼が日本人に代わって日本の文化を次世代につなぐ道をつけてくれていると言っても過言ではありません。

マークエステル・スキャルシャフィキは日本を愛しています。

たった一人のフランス人画家が日本の為に捧げてくれたことは、けっして小さなものではないのです。
宮崎高千穂・天岩戸神社「マークエステル古事記作品奉納」
マークエステル日本神話作品奉納「鹿児島新田神社」


マークエステル展「九州国立博物館ミュージアムホール」


マークエステル公式サイト

「芸術と宗教」スピリチュアルなアート

画像

画像



よろしければポチっと⇒人気ブログランキングへ
オマケにもひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村


「わくわくアート情報/絵画の見方・買い方」ブログトップページ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
フランス作家・マークエステル 日本神話「古事記」を描く わくわくアート情報/絵画の見方・買い方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる