わくわくアート情報/絵画の見方・買い方

アクセスカウンタ

ポチっと⇒人気ブログランキングへ もひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

zoom RSS 絵画の価値(3)「精神性」その1・生き様を映す絵

<<   作成日時 : 2012/04/26 00:11   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

精神性という言葉が妥当だとは限りませんが、絵画が人間の精神に作用するものであるのは間違いのないことです。精神というより本当は魂に作用すると言いたいところですが。

絵画という芸術作品は、それを所蔵する場合「財産性」がもたらされます。ただし、財産性は外的なお金としての価値よりも内的で精神的な価値こそが重要です。つまり絵画は精神的な財産となって後孫に受け継がれるのです。
絵画の価値(4)「精神性」その2・潜在意識の浄化
絵画の価値(2)「財産性・投機性」
絵画の価値(1)「インテリア性」

●老人が求めた「梅の絵」

     ■宋栄邦「紅梅」
画像


もう10年以上も前のことです。東京での絵画展の会場に一人の婦人が来場し、韓国の宋栄邦(ソン・ヨンバン)という画家が描いた水墨の梅の絵をじっと眺めていました。

少し言葉を交わしてみると、婦人は今年古希を迎え独り暮らしだということがわかりました。そして「自分がどうしてこの絵に惹かれるのかわからない」と言うのです。

そこで、梅の絵の意味合いを話してあげました。

「梅は一年の最初に咲いて、まだ寒い内に花をつけます。梅の花を見るともうじき暖かい春が来ることを感じて人々は希望を抱きます。寒い冬を乗り越えて咲く梅の高貴な香りは人格の香りに喩えられます。梅は古来君子の花といわれています。」

宋栄邦の絵の梅は古木で枝がくねくねと折れ曲がっていました。「人生の紆余曲折を描いているみたいですね。」

すると、婦人はこう語ってくれました。

「私は結婚して3人の子供をもうけましたが、下の子が生まれてすぐに夫は死んでしまいました。それ以来女手一つで3人の子供たちを育てました。いろんなことがありましたが、おかげさまで皆結婚して家庭を持っています。知り合いの中には“あなたを見ると希望を感じる”と言ってくれる人もいます。」

この婦人は、宋栄邦の梅の絵に自分自身の人生を重ね合わせて見ていたのです。無意識のうちに。

そして「古希のお祝いに自分で自分にプレゼントします」と言ってその絵を買っていかれました。絵を買うのは初めてとのことです。

婦人が買われたこの一枚の梅の絵はご自分の寿命より長く存在し続けます。それはおそらく子供たちあるいは孫たちのうちの誰かに受け継がれます。

この絵を見る後孫は、最初に所蔵した人つまり親の心を感じ取ります。この婦人の場合、「心」という次元ではなくk苦労を乗り越えた「生き様」そのものが一枚の絵の中に息づいているのですから、その絵は語らずとも親の生き様を後孫に伝える・・と言ったらおおげさに思いますか?

親が本当に大事にしているものを子供はテキトーに扱えません。結局この一枚の絵は「お前たちもたとえどんな苦労があったとしてもお母さんが生きたように乗り越えられるんだよ」と、無言のうちに子供たちの心の奥底に語りかけてゆくのです。

これが絵画の内的な財産性です。そして「精神性」という価値です。

精神性を感じる絵は端的に言って芸術性の高い絵です。宋栄邦は美大の学長も勤めた画家ですが、技術的な上手さがあるだけでなく、そこはかとない味わいを醸し出して見る者をゆったりさせてくれるような絵を描きます。そうした芸術性のある絵でなければ先の婦人が受けたような感動を与えることは難しいかも知れません。

●芸術のカタルシス

このブログの目的の一つが絵画の内的な価値を伝えることにあります。絵画を見る内的視点を深めることは、人生を有意義に生きてゆくことにつながります。一枚の芸術作品から人生を10倍よろこんで生きてゆける力をもらえるはずです。

また芸術作品の効用として「カタルシス」があります。

カタルシスは、本来医学の用語で「体内の悪い体液を外に出して浄化する」といった意味があります。カタルシスという言葉には芸術・美学においては学術的な論争があるものの、主に「精神(感情)の浄化」という意味で使われます。

精神科の医者は「絵画を治療に使う」ことがあります。その方法論は知りえませんが、芸術の持つ「浄化作用」を求めて行っているのでしょう。ヴィジョナリーアート「幻想の空間」ベニー・アンダーソン

私たちの意識には「顕在意識」だけでなく「潜在意識」があります。潜在意識には顕在意識よりはるかに膨大な記憶が残されています。私たちがかつて見聞きしたり経験し感じたりしたことは普段忘れているようですが全て潜在意識の中に貯蔵されているのです。

特にマイナス的な記憶は「トラウマ」となってあらわれることがあります。マイナス的なエネルギーは生きる力を殺ぎます。しかしそれはプラスのエネルギーが作用することによって消え去ります。

私は「絵画という芸術はプラスのエネルギーに溢れ、私たちの潜在意識の中のマイナス的な記憶までをも浄化する」という確信を持っています。

そのうち実際の例をあげて検証してみたいと思います。

絵画の価値(1)「インテリア性」
絵画の価値(2)「財産性・投機性」
絵画の価値(4)「精神性」その2・潜在意識の浄化
絵画の価値(5)「情操教育」病める子供たちへ
絵画の価値(6)精神性その3・磯部晶子「本性に語りかける花の絵」
絵画の価値(7)朴芳永「精神治療か魔除けか」

岡野岬石「酒徳と絵徳」絵が人を選ぶ

キリスト磔刑図・私の十字架

奇跡のメカニズム(1)「絵画はネガティブな精神を浄化するか」

カタルシス体験/ポップス「S&G・ボクサー」」

     ■フェルメール「デルフト風景」
画像


よろしければポチっと⇒人気ブログランキングへ
オマケにもひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
ついでにクリック⇒ブログ王

「わくわくアート情報/絵画の見方・買い方」
ブログトップページへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
絵画の価値(3)「精神性」その1・生き様を映す絵 わくわくアート情報/絵画の見方・買い方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる