わくわくアート情報/絵画の見方・買い方

アクセスカウンタ

ポチっと⇒人気ブログランキングへ もひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

zoom RSS 「ラファエロの魅力」国立西洋美術館ラファエロ展から

<<   作成日時 : 2013/05/12 23:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

ラファエロ・サンティ(1483〜1520)はレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452〜1519)とミケランジェロ・ブオナローティ(1475〜1564)と並ぶ盛期ルネッサンスの三大巨匠の一人です。

■ラファエロ「自画像」1504〜6
画像


「ラファエロ」展は国立西洋美術館で2013年3月2日から6月2日まで開催されています。
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/raffaello2013.html

展示の目玉は「大公の聖母子」、ラファエロのフィレンツェ時代の傑作です。

■ラファエロ・サンティ「大公の聖母子」1506〜7 フィレンツェ・パラティーナ美術館蔵
画像

画像


この作品は、ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」からの影響が、特に顔を縁取る陰影のぼかしの柔らかさに現れています。ラファエロはダ・ヴィンチとミケランジェロという二人の巨匠から影響を受け、彼らから学びながらも、まったくと言ってよいほど違う独自の画風に辿りつきました。

ラファエロが描く柔らかで繊細な陰影と鮮やかでありながらも落ち着いた色彩が醸し出す「優しさ」は、人間の内面を決定づける表情、例えばマリアや幼子のイエスの表情にもよくあらわれ出ています。

それまで聖人をこんな風に描いた画家はいませんでした。

キリスト教絵画は、ルネッサンス以前のイコンからルネッサンス初期そしてルネッサンス盛期への移り変わりを見るときに、描かれた聖人たちの姿が次第に現実的で人間味にあふれてきます。特にミケランジェロの解剖学に基づいた立体的な人体表現は肉体的な存在の実感に迫るものでした。
キリスト磔刑図・私の十字架

ラファエロはそうしたルネッサンスの気運の中で、ダビンチの精巧かつ深淵な描写やミケランジェロの見る者を圧倒する存在感には至りませんでしたが、もっとも優雅で甘美な人物像を描いたと思います。

それまでの聖なる者に権威や重厚感を持たせてきた描き方から、人間存在の優しさに迫ったと言ってもよいでしょう。これはフィレンツェ時代に一般家庭に飾る目的で絵を描いたところから生まれます。描かれた聖人と鑑賞者との間の距離感を縮めたラファエロの画風は当然人気が出ました。

ラファエロは苦労の末フィレンツェで名をなしたあとローマに出て、教皇ユリウス2世の依頼を受けてヴァチカンで描いたフレスコ画「アテナイの学堂」で名声を勝ち取りました。後の教皇からの注文も一手に引き受け「工房」というよりも一つの「会社」のように多くの若い画家(人材)を抱えて活躍したそうです。後世の画家の手本となるような版画も数多く残しましたが、37歳の若さで惜しまれながら亡くなりました。

■ラファエロ「アテナイの学堂」1509〜10
画像


繊細でやわらかい画風のラファエロの絵は、聖人を描いたとしてもそこには権威的なものや威圧感がありません。それが彼の絵のよさですが、逆にいえばダ・ヴィンチやミケランジェロの迫力や重厚感に比べての物足りなさを私はイメージしていました。

ところが実際に見てみたところその柔らかく精緻な表現に感動を受けました。時間が経ったいま画像で彼の絵を見ても、心に平安を覚え、その魅力が自分の中に残されていることを感じます。

ラファエロの絵は、「完璧な調和による美が人々に精神の安定や癒しをもたらす」という絵を飾ることの価値を十分発揮しています。それは現代人にとってこそ必要な本質的な絵画の価値なのです。

絵画の価値(4)「精神性」その2・潜在意識の浄化

国立西洋美術館「常設展15選」


■ラファエロ「無口な女(ラ・ムータ)」1505〜7
画像



よろしければポチっと⇒人気ブログランキングへ
オマケにもひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
ついでにクリック⇒ブログ王

「わくわくアート情報/絵画の見方・買い方」
ブログトップページへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
「ラファエロの魅力」国立西洋美術館ラファエロ展から わくわくアート情報/絵画の見方・買い方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる