アクセスカウンタ

ポチっと⇒人気ブログランキングへ もひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

zoom RSS テーマ「絵の見方」のブログ記事

みんなの「絵の見方」ブログ

タイトル 日 時
「ラスコー展」洞窟壁画に見る芸術の本質
「ラスコー展」洞窟壁画に見る芸術の本質 上野の国立科学博物館でラスコー展が開始されています(2016/11/1〜2017/2/19)。ラスコー洞窟の壁画を通して美術の本質に迫ってみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/28 16:03
ヴェネツィア・聖母・ティツィアーノとルネッサンスの巨匠たち
ヴェネツィア・聖母・ティツィアーノとルネッサンスの巨匠たち 日伊国交樹立150周年記念の展覧会が開催されている。「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」である。その中から聖母マリアを中心に画像ダイジェストで贈りたい。おまけで載せている作品画像がまたよいのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/11 00:48
「ボッティチェリ展」が語ってくるもの(東京都美術館)
「ボッティチェリ展」が語ってくるもの(東京都美術館) 日伊国交樹立150周年を記念して開催されている「ボッティチェリ展」(2016年1月16日〜4月3日東京都美術館)。重要作品紹介とそれに付随する話、さらにこの天才ボッティチェリに対する驚きと惜しむ心をここに綴りたい。 東京都美術館ボッティチェリ展HP ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/11 23:19
「無い味」と「余白」と「李禹煥」プーアル茶のおいしい淹れ方2
「無い味」と「余白」と「李禹煥」プーアル茶のおいしい淹れ方2 先回の「プーアル茶のおいしい淹れ方と紫砂茶壺」の記事を書いたあと、ふと思い立って、いつもの淹れ方を変えて飲んでみたところ、新しい発見があった。読者からすれば「美術となんの関係があるのか」と思われることだろう。ところが大ありなのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/10 17:55
国立西洋「フェルメールに帰属《聖プラクセディス》」のフィクションストーリー
国立西洋「フェルメールに帰属《聖プラクセディス》」のフィクションストーリー 国立西洋美術館が、フェルメールに帰属するとしている作品『聖プラクセディス』の寄託を受けて2015年3月17日から常設展示している。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/10 16:54
宋栄邦「五彩墨香」韓国国立現代美術館個展
宋栄邦「五彩墨香」韓国国立現代美術館個展 韓国の国立現代美術館は、ナムジュン・パイクの巨大なビデオアートの塔が室内中央に常設された韓国最大の美術館である。イーウファンのモノ派時代の作品をはじめ国内作家の所蔵作品は質量ともに充実している。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/04 23:24
宮芳平「無心に清浄なる花を咲かせた画家」
宮芳平「無心に清浄なる花を咲かせた画家」 2014年12月21日アンコール放映の日曜美術館「花のように描き続ける〜画家・宮芳平〜」ではじめて宮芳平(みや よしへい1893-1971)のことを詳しく知った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/21 18:07
高句麗古墳群の壁画「四神図」「蓮花図」
高句麗古墳群の壁画「四神図」「蓮花図」 西暦688年に滅亡するまで700年あまり存続した高句麗は、当時は現在の中国東北部まで占めるほどの強大な権勢を誇っていた。高句麗は各地に数多くの古墳を残した。現在の北朝鮮南西部に点在する高句麗古墳群の壁画に描かれた「四神図」と「蓮花図」を紹介したい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/24 18:31
ボストン美術館展「ジャポニスム」モネとゴッホが惚れた日本美術
ボストン美術館展「ジャポニスム」モネとゴッホが惚れた日本美術 ジャポニスムは、19世紀中後半に日本美術の独創性をもってフランスをはじめ西洋美術を席巻した世界的なムーブメントであった。ウィキによれば「ジャポニスムは流行にとどまらず、それ以降1世紀近く続いた世界的な芸術運動の発端となった」ほど。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/02 18:27
東洋陶磁美術館「蓮HASU展」―蓮があらわすもの
東洋陶磁美術館「蓮HASU展」―蓮があらわすもの 大阪市立東洋陶磁美術館で「特別企画展: 蓮−清らかな東アジアのやきもの×写真家・六田知弘の眼」≪平成26年4月12日(土)〜7月27日(日)≫が開催されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/05 23:38
朝鮮民画(10)「花鳥図―蓮華図」
朝鮮民画(10)「花鳥図―蓮華図」 花鳥図には、画員(宮廷画家)などの専門家と思われる者たちの手になる作品も多く、正統画に劣らない秀逸な技術で描かれた屏風絵の民画も残っています。朝鮮民画(7)「花鳥図ー宮廷画家も描いた上手編」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/02 17:36
キトラ古墳壁画「四神図」古代絵師の力量
キトラ古墳壁画「四神図」古代絵師の力量 2014年5月9日(金)午前、東京国立博物館(トーハク)で開催している「キトラ古墳壁画展」を観ようと行ってみたのだが、建物の外に作られていた300メートルの列に圧倒され諦めた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/11 23:28
画家の箴言名言(8)―パブロ・ピカソ箱根彫刻の森美術館から
画家の箴言名言(8)―パブロ・ピカソ箱根彫刻の森美術館から 箱根の彫刻の森美術館「ピカソ館」にはピカソの作品コレクションが展示されている。そこに「ピカソの言葉」がパネルになっていくつか飾られていた。もう10年以上も前のことで、今は飾ってあるのかどうかわからない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/28 20:50
絵画の真贋鑑定―韓国国民画家・朴壽根(パク・スグン)「洗濯場」
絵画の真贋鑑定―韓国国民画家・朴壽根(パク・スグン)「洗濯場」 韓国美術市場の評価と人気において、近現代作家としては朴壽根(パク・スグン)と李仲燮(イー・ジュンソプ)の二大巨匠に追随する画家は見当たらない。「韓国近現代絵画の父」「国民画家」と謳われた朴壽根(1914〜1965)の生誕100周年を記念した回顧展が、2014年1月から仁寺洞カナアートセンターにて開催され、はじめて朴壽根の作品の全貌に直接触れる機会を得た。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/22 11:31
朝鮮民画(9)「山水図―金剛山図」民画の本質
朝鮮民画(9)「山水図―金剛山図」民画の本質 「金剛山も食後に見学」という諺が韓国にはあります。これは日本の「花より団子」と似たような意味です。「美しい景色」「見たい景色」の代表が金剛山なのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/07 19:33
金宗福美術館開館「韓国女流西洋画家の草分け」
金宗福美術館開館「韓国女流西洋画家の草分け」 金宗福(キム・ジョンボク、1930〜)は韓国の西洋画の具象画壇において女流作家として現在第一人者と言っても過言ではない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/13 00:49
竹内栖鳳展「近代日本画の巨人」(栖鳳と大観)
竹内栖鳳展「近代日本画の巨人」(栖鳳と大観) 竹内栖鳳(たけうち・せいほう 1864〜1942)は近代日本画壇に燦然と輝く巨星である。花鳥、風景、動物、人物等々、それらを描きだすあらゆる技に通じている。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/14 17:06
韓国女流画家 李淑子「麦畑と裸婦」
韓国女流画家 李淑子「麦畑と裸婦」 韓国の画家、李淑子(Lee Sook-Jaイー・スッチャ 1945〜)は、いまや韓国を代表する人気女流画家といってもよい。久々アトリエを訪ねた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/24 16:20
ミケランジェロ彫刻「ダビデ像」気高い意志
ミケランジェロ彫刻「ダビデ像」気高い意志 ピエタと並ぶミケランジェロの代表作「ダヴィデ」(1501〜1504年制作)は、現在はフィレンツェのアカデミア美術館に展示されています。これは大理石でつくられ身の丈5.17メートルという巨大な彫刻像です。 ミケランジェロ彫刻「ピエタ」美しきミーメーシス ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/07 23:05
ミケランジェロ彫刻「ピエタ」美しきミメーシス
ミケランジェロ彫刻「ピエタ」美しきミメーシス ピエタはイタリア語で「敬虔な心」「哀れみ」「慈悲心」などの意味があります。「ピエタ」は、死体となったイエスが十字架から下ろされ、聖母マリアの腕に抱かれた姿を描いた絵画や彫刻作品のことです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/16 21:53
「ラファエロの魅力」国立西洋美術館ラファエロ展から
「ラファエロの魅力」国立西洋美術館ラファエロ展から ラファエロ・サンティ(1483〜1520)はレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452〜1519)とミケランジェロ・ブオナローティ(1475〜1564)と並ぶ盛期ルネッサンスの三大巨匠の一人です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/12 23:26
朝鮮民画(8)「花鳥図―下手編(わくわくするパボ民画)」
朝鮮民画(8)「花鳥図―下手編(わくわくするパボ民画)」 民画の魅力は、特に素人絵師たちが何ものにも囚われずに描いた線描と造形にあると感じています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/23 22:26
朝鮮民画(7)「花鳥図−宮廷画家も描いた上手編」
朝鮮民画(7)「花鳥図−宮廷画家も描いた上手編」 民画なる名称は、第一回で紹介しましたように日本人の柳宗悦(やなぎむねよし)が命名したものです。「朝鮮民画」は、いわゆる文人画などの「正統画」つまり鑑賞のために描かれた絵画に対して、「部屋の装飾」や「招福辟邪」といった主に実用的な目的のもとに描かれた絵をいいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/21 20:26
山種美術館「生誕100年高山辰雄・奥田元宋―文展から日展へ―」
山種美術館「生誕100年高山辰雄・奥田元宋―文展から日展へ―」 日本画のコレクションで有名な山種美術館で1月27日まで開催されている生誕100年高山辰雄・奥田元宋―文展から日展へ―を見てきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/24 20:00
高山辰雄「いのちに触れた筆」画家の箴言名言(7)
高山辰雄「いのちに触れた筆」画家の箴言名言(7) 「単細胞にも心がある」 高山辰雄 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/21 21:37
岡野岬石 新印象主義 Neo-impressionism 「世界それ自体が美しい」
岡野岬石 新印象主義  Neo-impressionism 「世界それ自体が美しい」 本名・岡野浩二。67歳。東京藝術大学在学中に学内の最高賞である「安宅賞」を受賞し、天才の名を欲しいままにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/02 16:24
ジョルジュ・ルオー「受難の道にさす光」日曜美術館
ジョルジュ・ルオー「受難の道にさす光」日曜美術館 エコール・ド・パリの巨匠、ジョルジュ・ルオー(1871〜1958)は野獣派(フォービズム)の画家といわれるがそうではない。美術史家たちはすぐ分類したがる。しかし、ルオーはルオーだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/23 21:34
「レーピン展(国立トレチャコフ美術館所蔵)」ロシア・リアリズム絵画の頂点
「レーピン展(国立トレチャコフ美術館所蔵)」ロシア・リアリズム絵画の頂点 渋谷のBunkamuraを皮切りに全国巡回する「国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン展」ですが、今回もレンブラント「自画像」に続き、レーピン展に来ている作品の画像を中心にお伝えします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/17 15:40
フェルメール「真珠の耳飾りの少女」珠玉のトローニー
フェルメール「真珠の耳飾りの少女」珠玉のトローニー 東京都美術館で開催されている「オランダ・フランドル絵画の至宝/マウリッツハイス美術館展」(2012年6月30日〜9月17日)にフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が展示されています。巡回展は神戸市立博物館(2012年9月29日〜2013年1月6日) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/02 16:44
朝鮮民画(6)「花鳥図−牡丹図」
朝鮮民画(6)「花鳥図−牡丹図」 民画における花鳥図は、@花鳥図、A草虫図、B牡丹図、C蓮華図、Dその他(芭蕉図、葡萄図など)に分類されますが、今回はその中から「牡丹図」を紹介します。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/10 23:30
「大エルミタージュ美術館展 西洋絵画の400年」世紀別ダイジェスト
「大エルミタージュ美術館展 西洋絵画の400年」世紀別ダイジェスト 2012年4月から国立新美術館を皮切りに「大エルミタージュ美術館展(世紀の顔・西欧絵画の400年)」が開催されています。その後7/28〜9/30名古屋市美術館、10/10〜11/6京都市美術館を巡回します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/03 01:25
「吉備大臣入唐絵巻」ボストン美術館・日本美術の至宝
「吉備大臣入唐絵巻」ボストン美術館・日本美術の至宝 奇想天外痛快歴史絵巻。現代のマンガやアニメーションの源流と言っても過言ではありません。とっても面白い「吉備大臣入唐絵巻(きびだいじんにっとうえまき)」は平安時代12世紀後半に描かれました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/15 20:27
天才画家ピカソ「無垢へのあこがれ」
天才画家ピカソ「無垢へのあこがれ」 ■ピカソ「ラス・メニーナス(ベラスケスがいない全図)」1957年作 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/11 13:04
画家の箴言名言(6)/パブロ・ピカソ「虚構の中の真実」
画家の箴言名言(6)/パブロ・ピカソ「虚構の中の真実」 「芸術は、真理を悟るための、虚構である。」/パブロ・ピカソ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/03 18:16
パブロ・ピカソ「キュビズム」と作品の変遷
パブロ・ピカソ「キュビズム」と作品の変遷 20世紀最大の巨匠画家パブロ・ピカソ(1881〜1973)。今回は作品の移り変わりを画像とともに極めて簡略に述べていきますが、画家ピカソの画業の変遷を、作品画像とともにこれほど分かりやすく見ることの出来る貴方はなんと幸せ者でしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/02/24 23:29
尾形光琳「紅白梅図屏風」−銀箔・月光・暗香
尾形光琳「紅白梅図屏風」−銀箔・月光・暗香 NHK日曜美術館の尾形光琳「紅白梅図屏風」の放映は実に貴重な内容でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/05 16:56
黄庭堅「草書諸上座帖巻」/北京故宮博物院200選(3)
黄庭堅「草書諸上座帖巻」/北京故宮博物院200選(3) 黄庭堅(こうていけん1045〜1105)は中国北宋時代の書家、詩人、文学者です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/01 00:18
「乾隆帝肖像画」/北京故宮博物院200選(2)
「乾隆帝肖像画」/北京故宮博物院200選(2) NHK日曜美術館でトーハクの「特別展・北京故宮博物院200選」の放映があり、小説家の浅田次郎がゲスト出演していました。中国清朝を舞台にした浅田次郎の長編小説「蒼穹の昴」文庫本4巻を読んで感銘を受け、続編である「珍妃の井戸」と「中原の虹」文庫本4巻をちょうど読み終えたばかりの私には、とても興味深いものでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/19 23:17
神品「清明上河図巻」/北京故宮博物院200選(1)
神品「清明上河図巻」/北京故宮博物院200選(1) 200分待ち。これは東京国立博物館で開催されている「北京故宮博物院200選」の清明上河図巻(せいめいじょうかずかん)1点を観るためだけに待たなければならない時間です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/15 17:02
朝鮮民画(5)「文房図(チェッコリ図)」
朝鮮民画(5)「文房図(チェッコリ図)」 韓国で本や文房具などを絵にした民画を「チェッコリ」といいます。チェックは本を意味し、コリはその周辺のものをあらわしますが、続けて言えばチェッコリになります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/08 23:46
追悼/韓国画家・無衣子−権玉淵
追悼/韓国画家・無衣子−権玉淵 2011年12月16日、韓国芸術院会員で西洋画家の権玉淵が死去した。享年89歳。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/03 22:10
平野遼「本物の光」画家の箴言名言(5)
平野遼「本物の光」画家の箴言名言(5) 「闇を通過しない光は本物の光ではない」(平野遼) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/03 19:24
幾何学的なのに東洋的な現代アート・金鳳台(2)「ボックスシリーズ」
幾何学的なのに東洋的な現代アート・金鳳台(2)「ボックスシリーズ」 芸術家が創造する作品は、すべからくインスピレーションの賜物です。たとえ写実的な風景画であったとしても「この風景を描きたい」という衝動は一つのインスピレーションです。それは作家の超意識からもたらされるもので、同時に潜在意識の影響を受けます。一人の人間の潜在意識には自分が生まれてからの全記憶とそれにとどまらない先祖の記憶や人類共通の意識までもがつながっていると考えられます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/23 18:42
韓国現代アート金鳳台KIM BONG-TAE(1)「ウィンドウシリーズ」
韓国現代アート金鳳台KIM BONG-TAE(1)「ウィンドウシリーズ」 このブログは足を使って取材した記事がけっこう多いのです。やはり事件は現場で起きているわけで、実際に行って見た記事には臨場感があります。さらに画家の生の言葉と筆者が主観的に感じた世界を加えることで、読者が絵を楽しむ上での視点が広がり目が深まるのです・・・と、ブログを宣伝するのでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/23 11:42
逆遠近法「東洋の肖像画(朝鮮時代を中心として)」
逆遠近法「東洋の肖像画(朝鮮時代を中心として)」 2011年9月、韓国ソウルの国立博物館で開催された肖像画の展覧会を観ました。そこには朝鮮時代の王や士大夫や両班(ヤンバン)の肖像画を中心に、日本のものもいくつか展示されていました。※両班とは朝鮮時代の科挙試験に合格した貴族階級をいいます ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/06 21:35
朝鮮民画(4)「虎図」
朝鮮民画(4)「虎図」 今回の朝鮮民画(4)は「虎図」です。日本には昔から虎がいませんでしたが、朝鮮半島にはかつて虎が棲んでいました。北朝鮮と韓国を分断する38度線の軍事境界線は半世紀以上も人が踏み入ることが出来ず、今でも虎が生息しているのではないかと言われています。 朝鮮民画(1)「民画とは」 朝鮮民画(2)「文字図T(孝悌)」 朝鮮民画(3)「文字図U(忠信禮義廉恥)」 朝鮮民画(5)「文房図(チェッコリ図)」 朝鮮民画(6)「花鳥図ー牡丹図」 朝鮮民画(7)「花鳥図ー宮廷画家も描いた上手編... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/05 11:16
朝鮮民画(3)「文字図U(忠信禮義廉恥)」
朝鮮民画(3)「文字図U(忠信禮義廉恥)」 文字絵(孝悌図)の第二回目は、先回の「孝・悌」に続き「忠・信・禮・義・廉・恥」を紹介します。 朝鮮民画(1)「民画とは」 朝鮮民画(2)「文字図T(孝悌)」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/31 22:01
朝鮮民画(2)「文字図T(孝・悌)」
朝鮮民画(2)「文字図T(孝・悌)」 「文字図」は朝鮮民画を代表するユニークな絵画です。それは「孝」「悌」「忠」「信」「禮」「義」「廉」「恥」の八文字を絵画化したものです。 朝鮮民画(1)「民画とは」 朝鮮民画(3)「文字図U(忠信禮義廉恥)」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/26 22:09
朝鮮民画(1)「民画とは(柳宗悦と民画)」
朝鮮民画(1)「民画とは(柳宗悦と民画)」 今年の初め頃、日本人の西洋画家Hに朝鮮民画が掲載された冊子を送りました。Hは東京藝術大学の油彩画を卒業、印象派的な画風で70歳になる現在も専業作家として活躍しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/16 17:40
岸田劉生「切通之写生と麗子像―リアリズムにぬり込めた超現実」
岸田劉生「切通之写生と麗子像―リアリズムにぬり込めた超現実」 大阪市立美術館で開催されている「岸田劉生展」とリンクした番組企画としてNHK日曜美術館が「天才画家・岸田劉生 二つの傑作と苦悩」と題して放映していました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/10 19:09
韓国画家・金敬烈REAL KIMアトリエ「リアルポップな絵画」
金敬烈(キム・ギョンヨル)は、現在韓国の朴榮徳画廊の契約作家として制作活動しています。 韓流ファインアート(韓国の画家紹介) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/02 19:19
韓国現代アートの巨匠・河鍾賢HA CHONG-HYUN「時代的変容」
近年、これほど驚いたことはありません。それは韓国のアーティスト河鍾賢(ハ・ジョンヒョン)の革命的な変容です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/28 12:45
空海と密教美術展(東京国立博物館)「仏像の顔だち」
『空海と密教美術展』は迫力の展示でした。弘法大師・空海の「書」をはじめ、空海請来の「密教法具」、「両界曼荼羅」、様々な「仏像群」、そして圧巻なのは8体の仏像の配置による「仏像曼荼羅」です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/10 14:44
韓国画家・朴芳永評論(3)「文人画と民画」
『遥かなる大地を渡る風に民族の魂の鼓動が聞こえる』 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/07 23:17
韓国画家・朴芳永評論(2)「東洋的なものへの回帰」
『遥かなる大地を渡る風に民族の魂の鼓動が聞こえる』 (1)「シンパラム」のつづきです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/07 22:39
韓国画家・朴芳永 評論(1)「シンパラム」
韓国で現在注目を受けている中堅作家の一人に朴芳永(Pak Bang-young パク・バンヨン)がいます。 韓流ファインアート 仁川プラットホーム「「朴芳永Pak Bangyongスタジオ」」 朴芳永PAK BANGYOUNG個展「毛劍」Web gallery14.12 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/06 21:58
NHK日曜美術館 オディロン・ルドン「幻想の闇と光」
フランスの画家オディロン・ルドン(Odilon Redon, 1840〜1916)は、初期の木炭によるモノクロの「闇に見開いた巨大な眼」から、50歳にして色彩を使うようになった「眼を閉じている婦人」、色鮮やかなパステルによる「幻想的な花」を経て、最晩年には再び「優しく見開いた眼」が登場します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/04 22:37
韓国画家・朴敦(パク・ドン)アトリエ訪問「静謐なマチエール」
私の知り合いの韓国作家の中で最も頑固一徹な画家と言えば朴敦(パク・ドン)でしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/12 00:54
セガンティーニ「母子−絵を読み解く」
今回はセガンティーニを題材に「絵を読み解く」ということについて。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/31 12:38
絵画の見方(5)「誰でも絵が好きになる鑑賞法」
絵画の見方(1)「主観的鑑賞」 絵画の見方(2)「自分のこととして見る」 絵画の見方(3)「美術館での鑑賞のしかた」 絵画の見方(4)「心に映るものを見る」 の続きです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/30 11:40
「愛の舞踏」徐世トからの物語
ある地方で開催した美術展でのことです。一人の婦人が会場を見て回っている最中、韓国現代アートの巨匠・徐世ト(ソ・セオク)の「おどりを踊る二人」(下の画像参照)という絵の前に立った瞬間動けなくなり、いきなり涙を流して嗚咽し始めました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/28 22:11
絵画の見方(4)「心に映るものを見る」
絵画という芸術は視覚芸術です。「百聞は一見にしかず」ということわざのごとく、目から入るものは耳から入るものより強い刺激があります。芸術の中でも一瞬で全てを情的に伝達することのできるものが絵画(美術)です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/24 00:53
絵画の見方(3)「美術館での鑑賞のしかた」
今回も絵画の見方(1)「主観的鑑賞」と絵画の見方(2)「自分のこととして見る」の続きです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/15 23:12
絵画の見方(2)「自分のこととして絵を見る」
人間は自分に似たものを見ることに刺激と喜びを覚えます。惹かれる絵画とは、どことなく自分自身の形状や性質に似た要素が内在したものが多いのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/10 19:21
絵画の見方(1)「主観的鑑賞」
今回から何回かに分けて「絵画の見方」というテーマで書いていきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/08 19:59
開運!なんでも鑑定団「中島誠之助の贋物鑑定から学ぶ」
ご存知、人気テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/30 23:02
韓国画家・権玉淵「望郷」の図ー老人の涙
初めて会った人、しかも男が、私の目の前で涙を流すのを目撃したことがある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/19 14:56
画家の箴言名言(4)パウル・クレー「嘘の無い絵画」
たとえばぼくがユダヤ人であってもガリチア人であっても、ぼくの人格も、ぼくの仕事も、少しも変更をこうむることはないでしょう。ユダヤ人も外国人もドイツ人より劣っていることはないというぼくの考え、立場は変えられないのです。権力者に媚びる悲喜劇的な役割を演じるよりも、降りかかる災難を甘受するほうを選びたいのです。(リリー・クレー宛の手紙 1933年4月6日) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/14 12:57
「ハーブ&ドロシー」佐々木芽生監督に聞く(月刊ギャラリーより)
2011年月刊ギャラリー6月号の記事にこのブログの第一回目で紹介した映画『ハーブ&ドロシー』の佐々木芽生監督へのインタビュー記事が載っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/06 23:50
「パウル・クレー|おわらないアトリエ」東京国立近代美術館
「クレーは緻密な計算と分析と独特な技法で描いていたのだ」ということを、東京国立近代美術館のクレー展が具体的に教えてくれたことに意義はあるでしょう。 画家の箴言パウル・クレー「嘘の無い絵画」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/03 23:27
岬石・岡野浩二アトリエ訪問「光と空間」
※岡野岬石「東伊豆風景」F12 油彩 ※岡野岬石「坂道」F12 油彩 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/30 12:30
天才画家カラヴァッジョとヴェントローネ「聖と俗」
●カラヴァッジョ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/27 03:52
浮世絵師「歌川国芳」NHK日曜美術館
ブラボー国芳!! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/15 12:00
国立西洋美術館「レンブラント」光の探求/闇の誘惑
「レンブラントの版画は100回見ても常に新しい発見がある」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/14 00:24
韓国美術事情(1)「越北画家キム・ヨンジュン(城北区立美術館)」
韓国という国を見ると、第二次世界大戦以前は日本の植民地支配下におかれたことで民族の主体性を失い、1945年の解放後は1950年に勃発し53年に終結した朝鮮戦争、俗に言う6.25動乱で朝鮮半島全土は焼け野原と化し、38度線を境に分断してしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/07 09:09
韓国画家・李重煕Lee Joong-hee個展「気韻生動と五方色」
2011年5月2日、韓国全羅北道の益山(イクサン)市にて、ここで唯一の画廊「Wギャラリー」の招待による李重煕(イー・ジュンヒ)の個展(2011.5.2〜18)のオープニングが行われました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/04 10:09
李康逸ドローイング「シュルレアリスムと朝鮮民画」
●民衆美術 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/28 07:24
フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展
Bunkamuraミュージアムで「フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」を見ました。フェルメール独特の窓から差し込むやわらかい光は健在です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/18 00:07
画家の箴言名言(3)セザンヌ「修行僧のごとく」
「私はユダヤの偉大な指導者、モーゼのように約束の土地に入れるのでしょうか?わずかに進歩しましたが、なぜこんなに遅々として骨が折れるのでしょう。芸術とは、ほんとうに聖職者のように、それに全身全霊を捧げる純粋な人々を求めるものなのでしょうか?」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/14 12:34
国立新美術館「シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―」
       ※ルネ・マグリット ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/09 14:32
画家の箴言名言(2)―マチス「デッサン・精神的な光」
「デッサンにおける顔の性格というものは、その様々なプロポーションによって決まるのではなく、顔に反映している精神的な光によって決まるものである。」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/03 17:21
画家の箴言名言(1)―棟方志功―
このブログの一つのシリーズとして「画家の箴言名言」を掲載していきます。巨匠をはじめとする作家たちが語った言葉を紹介することで、美術鑑賞の内的視点を深める一助となれますように。第一回目は、我が故郷青森出身の世界的版画家、棟方志功です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/25 22:38
NHK日曜美術館「中川一政」
           ※中川一政「大器晩成」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/20 17:07
今永清玄アートサロン
2011年3月、都内某所にて今永清玄のアートサロンが行われました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/18 23:15
フィンセント・ファン・ゴッホ「種をまく人」
        ※ゴッホ「種をまく人」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/21 00:02
美術と人生「はじめて絵を買おうとする人へ」
ルノアールは「絵は見るものではなく共に生きるものだ」と語りました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/19 00:39
「芸術と宗教」スピリチュアルなアート
       ※ミケランジェロ「アダムの創造」システィーナ礼拝堂天井画 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/13 21:30
「主観的絵画鑑賞」 NHK大河ドラマ「江」より
「好きになるということに理由はない」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/24 06:00
「ワクワクするアート(ハーブ&ドロシー鑑賞)」
★コレクション自体がアート★ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/08 15:29
韓国画家・閔庚甲(ミン・ギョンカプ)「日韓美術の架け橋」
人はみな、世の中に対してなにかしらの役割があると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/31 17:23
「わくわくするアート」ハーブ&ドロシーから
★世界的現代アートコレクター★ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/23 20:00

トップへ | みんなの「絵の見方」ブログ

わくわくアート情報/絵画の見方・買い方 絵の見方のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる