韓国田舎グルメ「益山のホゴタン」

プアンに同行した李重煕の地元である益山(イクサン)にもおいしい田舎料理がある。

今回、ホゴ蕩(ホゴタン)のおいしい店に連れて行ってもらった。西海ホンタクという店だ。

ホゴは魚のエイのことであり、これを腐らせて熟成させて食べる。醗酵しアンモニア臭のような匂いを発するので韓国人でも食べれない人は多い。しかし、食通にはたまらないご馳走で値段も高い。

下の写真はホゴタンといって、エイの煮込みである。
画像


このスープが格別で、中に入っている身もうまいが、アンキモのような肝が口に入ると蕩けてしまう。発酵食品でハッカのような辛さがもともとあるのだが、煮込まれることでかなりやわらぐ。味は深い。形容しがたいうまさである。

おそらく他の店ではこれほどの美味さは味わえないのだろう。そもそも、ホゴは何度も食べたことがあるが他でホゴタンなるものを食べたためしがない。この味には驚いた。

本来、木浦(モッポ)という全羅南道の海辺に面した都市がホゴで有名だ。このホゴと豚のばら肉を煮て油分が抜けてやわらかくなったものとキムチを一枚に挟んで「三合(サンハプ)」と呼ぶ食べ方が有名である。
画像


さらにチシャ菜やゴマの葉などに包んでサムジャンという合わせ味噌をつけて食べる。他に唐辛子や豚肉の消化を助けるアミの塩辛などを挟んで好きなように口に放り込む。

これに合う酒がマッコリだ!

ところで、現在私の家族はソウルに住んでおり私は日本で単身赴任中である。益山でこのホゴを食べてソウルに戻ったら、高校生の娘に「魚くさい」と嫌われてしまった。ホゴを食べる際には臭いにご用心。


参考になりましたなら
↓ポチっとお願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

「わくわくアート情報/絵画の見方・買い方」ブログトップページへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック