美術と人生「はじめて絵を買おうとする人へ」

画像



ルノアールは「絵は見るものではなく共に生きるものだ」と語りました。

では「共に生きて良いもの」とはどんなものでしょうか。

例えば、ネガティブな感情を浄化し、反対に、楽しく、嬉しく、ワクワクした気分にしてくれるものです。

自然を見て実感したことがあるでしょう。

一枚の絵は部屋の中に居ながらにしてそんな気分にしてくれます。


ところで、自分にとってはどんな絵が良いのでしょうか。

むずかしく考える必要などありません。

絵の前で心を開いて共感してみることです。

好きな絵は鏡に映った私の内面ですから、

「本来の自分はこんなにも美しい」ことに気づかせてくれます。

見失っていた自分自身を取り戻すようなものです。


また、「美」は「愛」の裏返したる情的な力です。

ゆえに美しいものに触れることで、私の美しい心、つまり愛がふくらむのです。


森羅万象は常に変化しています。

変わらないものなどこの世の中に一つもありません。


誰もが豊かさと自分自身の内的な成長という変化を願っています。

ならば好きな絵にただ共感し、同化してみてください。

それはけっして有名で高価な絵である必要はありません。

意識すれば、自分のレベルにあわせて必ず出会いがもたらされます。


あなたと出会い共に生きる一枚の絵は、

あなたという存在に内的な変化をもたらし、

きっと、

新たな人生を開いてくれるでしょう。

参考になりましたなら
↓ポチっとお願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


「わくわくアート情報/絵画の見方・買い方」ブログトップページへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック