国立西洋美術館「レンブラント」光の探求/闇の誘惑

画像


「レンブラントの版画は100回見ても常に新しい発見がある」

たしかこんな言葉を入り口で上映していたスクリーンの中で外国の研究家のどなたかが語っていました。

また、

「本当のレンブラントファンは油彩画よりも版画の方を好む」

とかも言っていました。

なるほど、マニアにはたまらないのがレンブラントの版画かも知れません。


展覧会ホームページ
レンブラント「自画像」油彩画ギャラリー

17世紀に活躍したレンブラントの版画は銅版画でエッチングとドライポイントの混合技法のものが多く、今回の展示では、西洋紙と和紙の刷り上がりの味わいの違いやステート(刷りの段階)の違うものを比較して見せており、まさにマニアックな展示と言えます。


版画は白黒ゆえにタブローよりも「光と闇」のコントラストは強調されます。

私は今回この闇に注目させられました。

紙に刷られた版画は作品保護のために照明を落としているので、眼鏡を外して作品に鼻先をくっつけるようにして、細かい線まで凝視して歩きました。

するとどうでしょうか、見事に「闇の誘惑」に引き込まれて惑わされてしまったのです。

影として描かれた「闇」にうごめく繊細でしなやかな曲線はとても妖しくなまめかしくもあります。

レンブラントの銅版画の闇は確かに誘惑するのでした。


こんな風に言うと何か「イケナイ気持になっちゃった」と誤解されかねないのですが、あくまで清らかな情動です。

しかし、かすかに似たような気持も湧いてきて、それが昂じれば「触れてみたい」「抱きしめたい」と思うような愛の衝動につながります。


闇こそが光の創造者であります。

「闇を通過しない光は本物の光ではない」と語ったのは、日本人の画家・平野遼でした。
参考/カラヴァッジョとヴェントローネ「聖と俗」

人生もまた闇を経験してこそ本当の希望やよろこびを見いだすものです。

レンブラント、彼は絵の中に演出した「光と闇」を「栄光と挫折」として自らの人生の中に経験しました。

光り輝く名声から破産という没落の闇の中に打ち捨てられた人です。

それでも絵筆を取って描き続けました。

彼は生涯に数多くの自画像を残しました。

若い頃の得意げな自画像よりも晩年のその表情には深い味わいがあります。

レンブラント晩年の自画像に見るような達観と凄みは、闇が彼にプレゼントした内的な光なのです。

国立新美術館「大エルミタージュ美術館展」世紀別ダイジェスト
レンブラント「自画像」油彩画ギャラリー

カタルシス体験2/鴨居玲展「酔っぱらい」」

画像

画像

画像

↑画像はボケちゃってますが、実物はとても細くて柔らかい線がはっきりと描かれています。
画像


ブリューゲル「バベルの塔」に人類の理想を見る



よろしければポチっと⇒人気ブログランキングへ
オマケにもひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑
賞・評論へ
にほんブログ村

「わくわくアート情報/絵画の見方・買い方」ブログトップページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック