韓国画家・権玉淵「望郷」の図ー老人の涙

初めて会った人、しかも男が、私の目の前で涙を流すのを目撃したことがある。

実はこれまでに3人いたのだが、その3人には共通点があった。「韓国人」、「老人」、そしてもう一つ。

最初の人は今から20年以上も前のこと。その人は私の妻の叔父の友人で、日本に来て私に何か頼みごとがあるらしいということだった。

私は韓国の女性と結婚して半年ほど語学留学をしたあと日本に帰国。しばらくしてこの見知らぬ男と会うこととなった。

御徒町の駅で待ち合わせて入った喫茶店はとても静かだった。背が高く体もがっしりした男は、聞けば70も間近な老人で、顔には深いシワがあったような記憶がある。

この年代は戦前の日本の植民地教育によって日本語を話す人が多い。

とつとつと、だがしっかりした日本語で語る老人の一つ一つの言葉からはある種の誠実さが感じられ、少し身構えていた私はだんだんと心をゆるしていく。

結局老人の頼みごとに応えてあげることは出来なかった。しかしこの人は、それほど落胆する様子もなく、カップに残っているコーヒーをすすりながら今度は自分の身の上話をしはじめた。

「自分の故郷は北朝鮮である」「親や兄弟が北にいてもう40年近くも会えない」・・・そんな話をしながら、突然、絶句したかと思うと、老人は遠くを見つめ、目を潤ませて頬に一筋の涙を流した。

正直、この涙に私は戸惑った。何をどうこうではなく、はじめて会った見知らぬ日本人の前で涙を流すことそのものに衝撃を覚えたのだ。

だが、老人の涙には不思議にうらみがましさなど無かった。どうすることも出来ない自分の境遇に抗うことなく、その不幸な境遇を運命として心の奥底に受けとめているような気さえした。これが「恨(ハン)」というものなのだろうか。ただ、その涙は哀れだった。

その後、この老人とは一度も会っていない。


次に見たのは、私の仕事に関わる相手で、韓国芸術院会員の権玉淵(クォン・オギョン)という画家である。権玉淵は現代の韓国を代表する画家の一人だ。

1995年夏、「自分と同郷の画家の絵を見るためにそこにいくから」と指定されたソウルの画廊で待ち合わせた。

拙著「ゆるしの美学」の中にこの画家のことは詳しく紹介しているのでここでは詳細を省くが、権玉淵は俗にいう6.25動乱(朝鮮戦争)の前に北の故郷から、母親と二人で逃れてきた。故郷にはたった一人の兄弟である姉を残している。いわゆる南北分断の悲劇が生み出した「離散家族」である。

故郷の先輩だという北の画家の絵を眺めながら、「半世紀も家族や友人に会えない国など世界中どこを探しても無いでしょ!」

やわらかくも強い語気でそう語る権玉淵の言葉は、離散家族を生み出した国家や自分に降りかかる目に見えない力に対する憤怒ともいえる情を滲ませていた。

そして、「80歳になる姉が北朝鮮で生きていることがわかった。私は姉に会わずに死ぬわけにいかない・・・」と、この日はじめて出会った私の前で目に涙を浮かべた。

画像
        ※権玉淵『望郷』 油彩 40号

『葉を落とした冬の木の上に孤独な一羽の鳥がたたずんでいる。田舎の家は遠い故郷の記憶を孕んでひっそりとそこに在る。画面の上部にわずかに見える重く暗い空。その空と手前の家の間を隔てている壁のような山は、何者をも拒絶するがごとくに聳え立つ。山はすぐそこにありながら、しかし無限に遠くて高い。鳥はその山の向こうを覗き込むように首を伸ばしている。 「私は鳥になりたい。鳥は自由に国境を越えることが出来るじゃないか」』(「ゆるしの美学」より)

鳥が描かれた絵は世の中に数多く存在するが、権玉淵の鳥はこんな動機で描かれたのである。

梢にたたずむ鳥は、南北分断によって半世紀もの間引き裂かれた姉と弟の思いをつなごうとしている。

画像
        ※権玉淵「少女」 油彩 4号

権玉淵は「少女」をよく描く。彼が描く「少女」は、暗く、そしてどことなく憂鬱である。

もしかして、「少女図」は、幼い頃の姉の面影が彼の望郷の心情に映し出された姿なのだろうか。

ただし、「会えない」という悲しみや暗さと共に、「なつかしい」というあたたかさ、「会いたい」という期待、「きっと会える」という希望が同居している。

この世に生を受けるときに与えられた時代。誰もが「時代」という環境の中で生きている。

その「時代」に対峙して生きた作家の生き様は、絵画という芸術作品の中に昇華された美のエネルギーとして込められている。

そして、芸術家や偉人に限らず、どんな人でも、他人の生き様というものは常に私たちになにかを教えてくれる。

私は、この二人の老人が流した涙を思い起こすたびに、「この親不孝め!」と叱咤されているような気がして切なくなる。
追悼/権玉淵

韓流ファインアート


よろしければポチっと⇒人気ブログランキングへ
オマケにもひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑
賞・評論へ
にほんブログ村

「わくわくアート情報/絵画の見方・買い方」ブログトップページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック