朝鮮民画(2)「文字図Ⅰ(孝・悌)」

「文字図」は朝鮮民画を代表するユニークな絵画です。それは「孝」「悌」「忠」「信」「禮」「義」「廉」「恥」の八文字を絵画化したものです。
朝鮮民画(1)「民画とは」
朝鮮民画(3)「文字図Ⅱ(忠信禮義廉恥)」

朝鮮では王の命令により中国の孝行話を集め、倫理的な教育を目的とした「三綱行実図」などが絵本や版画で刊行されていますが、民画における孝悌図もまた朝鮮時代の儒教的な倫理観を反映した教育目的で発生したものと考えられます。

今回はその中から「孝」と「悌」を紹介します。

「孝」 
子が心から親をたいせつにする。また、そのさま

画像

画像


孝の文字絵には「鯉・氷・筍・竹薮・琴」が描かれ構成されています。その意味は以下のとおりです。

【鯉、氷】 中国、晋の時代の学者王祥は、自分をいじめた継母に対しても、彼女が病に倒れたときに鯉を食べたがるので、池の厚い氷を割り、鯉を捕まえて継母に食べさせた。

【筍、竹薮】 呉の官吏孟宗は、年老いた病の母を抱え、薬を買う金もなく途方に暮れていた。雪の積もった竹薮で泣いていると熱い涙で雪が解け、筍が顔を出し、さっそく母親に食べさせたところ病が治った。

【琴】 父親とその後妻とその子である象に誠実に仕える舜を見て、堯は舜に娘をめとらせ琴を与えたが、舜は父と後妻と象の3人に殺害されてしまった。象は舜の妻と琴を奪い、得意に琴を弾いていると奇跡的に舜が死地を脱した。その後、舜は3人を責めることもなく前にも増して仕え、ついに天下を治めた。

【扇、うちわ】 黄香は暑いときは扇で父をあおいで涼ませてやり、寒いときは自分の体で暖めた。

「悌」 
兄や目上の人に、穏やかに従う気持ち。兄弟なかがむつまじいこと。
画像

画像

画像


【梅】 庭梅は、花がたくさん咲き格別美しい。花と葉が互いに調和するごとく、兄弟、友人は互いに助け合ってこそ美しい。

【鶺鴒】 鶺鴒(せきれい)は飛ぶときは鳴き歩くときは尾を動かし、いつも体を忙しそうに動かしている。兄弟に急難があれば、この鳥のように機敏に助けに駆けつけなければならない。

文字図の中に描かれている事物は、中国故事から来る確固とした意味を持って決まりごとのように登場します。しかし、そのデザインは作者の個性と発想によって様々です。

絵画の価値(5)「情操教育」病める子供たちへ

次回は朝鮮民画(3)「文字図Ⅱ(忠信禮義廉恥)」です。
朝鮮民画(1)「民画とは」
朝鮮民画(4)「虎図」
朝鮮民画(5)「文房図(チェッコリ図)」
朝鮮民画(6)「花鳥図ー牡丹図」
朝鮮民画(7)「花鳥図ー宮廷画家も描いた上手編」
朝鮮民画(8)「花鳥図ー下手編(わくわくするパボ民画)」
朝鮮民画(9)「山水図―金剛山図」民画の本質
朝鮮民画(10)「花鳥図ー蓮華図」


よろしければポチっと⇒人気ブログランキングへ
オマケにもひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑
賞・評論へ
にほんブログ村

「わくわくアート情報/絵画の見方・買い方」ブログトップページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック