日本人アーティスト KAORUKO ニューヨーク個展

ニューヨークのKAORUKO(カオルコ)から個展のお知らせメールが来た。

画像

画像


KAORUKO Aromako
November 17, 2011 - January 7, 2012
Opening Thursday, November 17th from 6 - 8 p.m.
画像

Mike Weiss Gallery
520 West 24th Street, New York, NY 10011
Between 10th & 11th Avenues
Nearest Subway: C/E at 23rd Street & 8th Avenue
Tel: 212-691-6899 Fax: 212-691-6877
Gallery Hours: Tues-Sat 10am to 6pm
www.mikeweissgallery.com
http://mikeweissgallery.tumblr.com

2008年に企画展ではじめて彼女に会い、韓国の画廊や美術館を案内してあげた経緯がある。

カオルコは吉本興業の美術部門所属のアーティストだ。そして彼女は元アイドルだった。

今回の案内の作品画像を見ると、より洗練され透明感が増している。

ニューヨークにも友達はいっぱい居るようだが、アーティストとはある面孤独なものだから、きっと踏ん張りながら絵を描き続けてきたのだろう。

時代の移り変わりは早い。一つの世代的な流行はすぐ色あせる。

しかし、アートは一つの時代を映した普遍的な人間の様相を見せてくれる。

カオルコの絵は、彼女と同じ世代の女の子たちが部屋の中で過ごしている姿にポーズをつけて赤裸々に描いている。

モデルがいてもある意味でそれはカオルコ自身の自画像なのだろう。

同時にその姿は、ヴェールを脱いだ気取らない「女」の本質的な一部だ。

視覚的には、伝統的な日本画の平面性と装飾性を活かした描き方が、この主題と不思議に溶け合っている。
(日本の美術宗達・光琳・抱一「風神雷神図」

そして少し熟成されたカオルコのアロマが放たれている。

自分という本質を見失わずに、ニューヨークで活躍していくことを祈る!

画像

画像


よろしければポチっと⇒人気ブログランキングへ
オマケにもひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑
賞・評論へ
にほんブログ村


「わくわくアート情報/絵画の見方・買い方」ブログトップページ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック