朝鮮民画(10)「花鳥図―蓮華図」

花鳥図には、画員(宮廷画家)などの専門家と思われる者たちの手になる作品も多く、正統画に劣らない秀逸な技術で描かれた屏風絵の民画も残っています。朝鮮民画(7)「花鳥図ー宮廷画家も描いた上手編」

画像


また、民画の民画たる面白さを秘めたパボ民画の蓮華図にも斬新なデザイン性を感じるものがあります。朝鮮民画(8)「花鳥図ー下手編(わくわくするパボ民画)」
画像


画像


「蓮華図」は蓮だけでなく、蓮池にナマズ、鯉、海老、貝、蟹などの水生動物が戯れ、また白鶴、白鷺、鴛鴦、そして翡翠(カワセミ)やツバメ、蝶や蜂などが飛び交う姿がよく一緒に描かれています。

鳥や魚はつがいで描かれているものが多くあります。民画は飾る人の幸せを願った吉祥の絵画ですので、主に日常生活における家族との愛の関係や安寧への祈りが形となってあらわされています。

蓮の持つ多様な意味合いの紹介は、東洋陶磁美術館「蓮HASU展」―蓮があらわすものの記事に譲り、ここでは民画に描かれた蓮の特徴を伝えます。

「蓮華図」は一枚のものよりも八曲~十二曲ほどの屏風絵が多く、通常の民画の屏風絵は、同じ花鳥図の「牡丹図」を見ても一曲ごとに独立した情景が描かれてるのが一般的なのですが、「蓮」の屏風絵は、正統画にあるように屏風全体にたくさんの蓮を一繋ぎで描いたものがよく見受けられます。

画像

画像

画像

画像


このように連続して描いた民画の屏風絵は「蓮華図」のほかに「長生図」や宮廷で使われた「日月図」、そして「金剛山図」にもよく見られます。

●仏教、儒教、よろこびの絵画

「蓮」といえば、仏教的な意味合いがまず浮かびます。日本でも韓国でもそして中国でも、仏像の台座は蓮を象ったものがほとんどで、「蓮」は仏教の極楽浄土をあらわす象徴的な事物です。

陶磁器においても、韓国で仏教が栄えた高麗時代に造られた青磁には、蓮の紋様が多用されました。時代が下った朝鮮時代初期の粉青砂磁(ふんせいさぎ)にも民画的な蓮が魚などとともに多く描かれています。

しかし、朝鮮民画の「蓮」は、そうした仏教的な思想から離れて、喜ばしい感情を引き出し、すっきりとした清々しい気分をもたらす絵として尊ばれました。「蓮」の作画動機から仏教的な要素が薄れていったのは、韓国が高麗時代(918~1392)から朝鮮時代(1392~1910)へと政権が移り変わった際に、仏教に替わって儒教が国教として徹底されたことが大きな要因となっているのではないかと考えられます。

泥水の中に美しい花を咲かせる「蓮」の様相は、釈迦の教えにとどまりません。それ自体が清廉なる気をかもして、儒教のめざす高潔な人格「君子」にも通じるところがあります。つまり、蓮は、歴史的にこの国の支配階級をはじめとする人々の嗜好に合っていたのでしょう。

画像

画像


蓮華図は、「暑い夏の間、離れの部屋や広い板の間に飾られ、清涼な雰囲気をかもしだす」という実用の絵画でした。

ゆったりと葉を広げた蓮が風になびいて、ツバメが空に舞い、小鳥が蓮の実をついばみ、魚が泳ぎ、白鷺が水遊びをする。白や紅がらの淡い色彩の花が葉の緑の合間に覗いてゆれる。民画に描かれたそうした情景は健やかな一日の風情を感じさせます。

屏風仕立ての「蓮華図」は比較的大きなものが多いのですが、屏風の中に連続して描かれた「蓮華図」を壁に飾ったところを想像してみると、たしかに、絵から清涼感を味わえるような気がします。

画像


絵画は、精神の快楽と、それを通して、肉体的な癒しまで与えてくれるものだと言えるのです。


幸せになる絵画


画像

画像

画像

画像


高句麗古墳群の壁画「四神図」「蓮花図」

朝鮮民画(1)「民画とは」
朝鮮民画(2)「文字図Ⅰ(孝悌)」
朝鮮民画(3)「文字図Ⅱ(忠信禮義廉恥)」
朝鮮民画(4)「虎図」
朝鮮民画(5)「文房図(チェッコリ図)」
朝鮮民画(6)「花鳥図ー牡丹図」
朝鮮民画(7)「花鳥図ー宮廷画家も描いた上手編」
朝鮮民画(8)「花鳥図ー下手編(わくわくするパボ民画)」
朝鮮民画(9)「山水図―金剛山図」民画の本質


よろしければポチっと⇒人気ブログランキングへ
オマケにもひとつ⇒にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑
賞・評論へ
にほんブログ村
ついでにクリック⇒ブログ王

「わくわくアート情報/絵画の見方・買い方」
ブログトップページへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック