絵画とホ・オポノポノ(2)-コロナウィルス

AチホU0011.jpg



●ある音楽家の証し

ホ・オポノポノをはじめて実践してみたある音楽家の体験が本に書いてありました。以下に少し引用します。


≪引用部分≫

表参道の喫茶店に入った私は、見渡すとタバコを吸っている人がいなかったので、「あー、よかった」と思って座った。すると「僕のことを呼びましたか?」とでもいうように男が入ってきた。そして、椅子に座るやいなや、さっそくタバコを吸いだした。


私は知らず知らず引き寄せの法則でタバコを吸う人を引き寄せていたのだ。

いつも不思議なのは、レストランや喫茶店でタバコを吸う人が座ると、必ずその煙が私の方へくることだった。ご丁寧に、煙まで私が引き寄せていたのだ。このときも煙は私の方へやってきた。


「あっ!そうだ。ホ・オポノポノをやってみよう」と思った私は、2~3分間、目を閉じて自分自身に対して「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛してます」とやってみた。


うす~く目を開けて煙の匂いをかいでみた私は、煙が薄くなっていることをまず感じた。そして、彼の方へ目をやった私は、「なんだ、彼は案外いい奴だった」と思った。


そのとき、自分自身の中の変化に気づかされて私は驚いた。

その数分前まで、あいつはタバコを吸う奴だ、いやな奴だ、としかめ面をしていたに違いない。でも、そのときの私は、その同じ人を案外いい奴だと思っていた。


いったい、何が起きたというのだ・・・?

≪引用おわり≫


●嫌悪や怖れのエネルギーが引き寄せる

この証しの中で起こっていることを考えてみましょう。


まず、彼は、タバコを吸う人とタバコの煙を自分が引き寄せてしまっていることに気づきました。


引き寄せてしまった原因は、タバコを吸う人と煙に対する強い意識で、それは「嫌悪感」と「おそれ」です。


たとえば何か問題を見たときに、それに対して「怒」ったり、「攻撃」したり、また「怖れ」たり、故意に「無視」したりすると、問題のエネルギーを大きくしてしまうことになります。よく見られる例として、夫婦間の軋轢があって、たとえば妻が夫の問題点を責めたてると、夫は妻の怒りのエネルギーを吸収してもっと頑なになるものです。逆も同じです。


この音楽家はタバコを吸う人を嫌だと思い、さらに、無意識のうちに「自分のそばに来ないだろうか」とおそれていたのです。そのおそれのエネルギーがタバコを吸う人と煙を引き寄せたと言えます。


そしてホ・オポノポノで彼がクリーニングできたのは、タバコの煙に対する「おそれ」とタバコを吸う人は嫌なヤツという自分自身の「偏見」でした。


その結果として心の平安を得ることができました。


●コロナウィルスを引き寄せる

引き寄せるという意味ではコロナウィルスにおいても同じことが言えるような気がします。


コロナウィルスは、まだ解明されていませんが、物質と生物の中間の要素を持ち、それ自体は繁殖できないので人の肺の細胞の中に入りそこで増殖するそうです。そしてご存知のように、重症化する人は治療がうまくいかなければあっという間に死にます。


物質であろうが生物であろうが、ウィルスに「潜在意識」のような要素があるとするなら、人間の感情や意識に反応するはずです。


つまり、コロナウィルスを『異常に嫌ったり怖れたり』することで、上述したタバコの煙のように、それを引き寄せてしまうことが考えられます。さらには「ウィルスを持った人」をも引き寄せるのです。


コロナウィルスには感染しないように、あるいは自分が感染していると思って、人にうつさないように各自が努力しなければなりません。しかし、どんなに努力しても感染するときは感染してしまいます。誰もがそうですし私自身もそうです。その人間が善人であろうが悪人であろうが関係ありません。


●記憶は繋がっている

ホ・オポノポノでは現実の問題を引き起こしている原因が潜在意識の中の「記憶」にあると言います。


潜在意識は膨大なハードディスクのようなもので、たとえば、顕在意識が1としたら潜在意識は1万以上の容量があるのです。さらには、記憶がクラウド上にあるとして、そこにもつながっていてまさに無限大です。


パンデミック現象により、全人類がニュースを通してコロナウィルスの感染の恐ろしさを目の当たりにしています。すると、「見せられている問題の原因が自分の潜在意識の中の記憶」とするホ・オポノポノの論理からすると、全人類の潜在意識の中に「ウィルス禍の記憶」があるということになります。


潜在意識は、自分が体験したことの記憶だけではなく、そこには前世あるいは先祖の記憶までが保存されているのでしょうか。


ヨーロッパの人は中世の「ペスト禍」を経験しています。日本でも「疫病」が蔓延してたくさんの人が死んだことが歴史上何度もありました。そうした先祖の記憶が私たちの潜在意識の中にもあるのでしょうか?


ホ・オポノポノの観点から言えば、見せられているということは潜在意識に原因となる記憶があるということです。つまり、全人類は等しく同じ記憶を持っていて、コロナショックはそれが同時期に再生し現実化しているということになります。


人間は各個人の顔や性格や好みが違っており民族も人種も様々です。その特徴はDNAを通じて先祖から子孫に受け継がれています。「記憶」もDNAかどこかにそれが保存され、先祖から子孫に受け継がれていることは考えられるのです。


さらに、人間も動物も各個体に分かれていますが、テレパシーのように遠く離れたものを感知する能力があります。記憶においても、それが電気のようなエネルギーあるいは霊的なものだとすれば、DNAなど生物的なつながりがなくても、それにアクセスして、我々は記憶を共有できるはずです。


つまり「人類の記憶はどこかに保存されており、エネルギー的なつながりによって等しく自分の中にも共有される」と見るのは妥当なことなのです。


このように「自分自身が体験していないことの記憶までが自分自身の中にある」と認めることが出来るならば、「問題を見たときに、その原因を自分の中に求めて自分の責任でそれを浄化出来る」はずです。そのためのツールがホ・オポノポノだというのです。


人類規模で問題を引き起こしている記憶を消去するのは簡単ではないでしょうが。


●負のエネルギーが現実にもたらす現象

中世ヨーロッパの「魔女狩り」と同じような、罪もない人へのリンチや殺戮は、東洋でも行われました。


現代においてはSNSの拡散が同じような現象を呼びこみます。ここにも人間の負の記憶が作用していると思います。


先日NHKの特番で見たものをお伝えします。


2018年にメキシコで子供たちがさらわれ殺されるという事件が多発し、その犯人探しが始まり、SNSの拡散により、犯人ではない二人の男性が住民たちに取り囲まれ、家の中から引きずり出され、油をかけられて生きたまま焼き殺されました。


たくさんの住民たちがスマホを掲げて撮影していました。犯人にされた人物を引きずり出し油をかけるシーンも至近距離から撮影されて映されていました。さすがに人が焼けている炎は遠くから撮ったものを放映していました。


こうした現象の根底には「おそれ」があります。


我々が本来戦うべきものは自分自身の内面にあるネガティブな感情です。怒り・憎しみ・怖れ・悲しみ・不足感・エゴ・・・


ホ・オポノポノは、そうしたネガティブな感情にも「ありがとう、愛してます」と語りかけろといいます。外に原因を求めるなというのです。あらゆる問題の原因は自分自身の潜在意識の中の記憶にあるとして、それを100%自分の責任で浄化することだけを教えています。


●絵画の力

絵画という芸術作品の効用は様々にありますが、「潜在意識の浄化」という点において、ホ・オポノポノと同じような力があります。



「美」と「愛」は同質のエネルギーです。したがってこれらは共鳴します。人が美に触れることで愛が啓発されます。愛こそが美に反応するエネルギーなのです。自分の中の愛と絵画の美が共鳴することで、愛が膨らみます。


愛は最もポジティブなエネルギーであり、自分の中の恐れや嫌悪感というネガティブな部分を消してくれるプラスのエネルギーなのです。


この愛のエネルギーは潜在意識までも浄化してくれます。


たとえば、展示会場で絵を見ながら理由もなく泣いている人が時々います。これがカタルシス(感情浄化)です。「なぜ自分は泣いているのだろう」と自分で自覚できません。原因は潜在意識の中にあるからです。そこが浄化されているのです。


つまり、「愛してます」と言葉にしなくても美しい絵を見ることで「愛」のエネルギーが潜在意識に伝えられるのです。そこから超意識を通して神聖な存在にあげられ、浄化のエネルギーがもたらされるというホ・オポノポノと同じメカニズムかどうかはわかりませんが・・・いずれにしても潜在意識は浄化され得るのです。



このように、「絵画を見る」ことは、「内面のバランス」を手に入れ、「平和な状態」になるためにとても有効です。実は、コロナウィルスを克服するにあたって、これが最も重要なことだと思うのです。


絵を飾ってからよく寝れるようになったという人もいます。

次回は絵画が免疫力を高めるという観点で書いてみようと思います。




AチホU0009.jpg


※画像はトップおよびラストとも田奉烈「From」






ブログトップページへ








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント