ベニー・アンダーソン(Benny Andersson)「天井画」①

Angel of Love and truth.jpg

アメリカのベニー・アンダーソン画伯から、彼が現在制作している天井画の画像が送られてきました。ある建物に飾られる天井画の二枚のうち一枚(2m×5m超)が完成したのです。ヴィジョナリーアート「幻想の空間」ベニー・アンダーソン


IMG_4729.jpg

IMG_4472.jpg


この天井画の円形の光の中をよく見るとたくさんの天使が描かれています。そして光の輪の外側に少し大きく6体の天使がいますが、それらにベニー・アンダーソン自ら名前を付けました。

うち4体の天使は「水・空気・土・火」と地球を構成する4大元素の名前がついています。この名前は、宇宙を創造するにあたって、その主人を助けて天使たちが働いているということを示しています。


この絵が天井に飾られた様子を想像すると、天使たちが、そこから舞い降りて来るような感覚に陥ります。

ベニー・アンダーソンの絵画は、ご自身の第三の目に映った光景や事物を描写したリアリズム絵画です。彼の絵は、実際に見た世界を描いているので、ただの空想で描いた絵画とは別物です。だから、彼の絵に描かれている風景を見たとき、それがまるでこの世のものとは思えなかったとしても、どことなく実在感が伴うのです。


ベニーは天井画の構想段階から多くのインスピレーションを受けて、それを形にしています。出来上がったこの作品に充満する光を見ていると、作家が手に持った絵筆に何か超越的な力が宿されたのではないかと思えるほど神秘的です。

ビジョナリーアート(幻想絵画)のアーティストとして知られる画家の面目躍如です。

現在彼は、対となるもう一枚の作品に取り掛かっています。

🔶Angel of healing and forgiveness(癒しとゆるしの天使)
Angel of healing and forgiveness.JPG

🔶Angel of Love and truth(愛と真実の天使)
Angel of Love and truth.jpg


●私的作品解説
この天井画を見たときに、最初に目を引く部分が大きな光の輪です。この光に焦点を合わせて、3段階の視点に分けて解説してみたいと思います。

1)まず第1の視点です。

重なり合う雲の中央から、眩しいほどの光が外側に向けて放射されています。この光は漆黒の宇宙に忽然と現れ出たかのようで、そこには夥しい数の天使たちが真ん中から十字状に連なっています。

天使たちの配列は、光の中心点から外へ出てきているようにも、あるいは光の中心に戻っているように見えます。さらには天使たちが光の輪が閉じないように支えている存在にも見ることができます。

この円形の光の中心点は「天上世界と地上世界の出入り口」でありましょうか。

この絵が天井画として飾られることを想えば、大きな円形の光は天上の世界(あの世―天国)から地上に注がれている光として見るのは妥当です。

🔶Angel of earth(土の天使)
Angel of earth.jpg
🔶Angel of air(空気の天使)
Angel of air.jpg


2)次に第2の視点で見てみます。

描かれた光から私が受けた最初の印象は、一点の爆発から始まったとされる宇宙創成のエネルギーでした。いわゆるビッグバンです。作家が受けたインスピレーションは言葉や理屈では簡単に説明できないものでありましょうが、おそらく「創造の光」といった感覚はあったのではなかろうかと思います。

彼が描いた光は生命と創造の力を感じさせます。

そしてなによりも神秘的な美しさがあります。

美にもレベルや質の違いがあると思うのですが、美を享受できるのは人の愛です。また人が美を表わそうとするときは愛に動かされます。

美と愛は同質のエネルギーなのです。

旧約聖書第一章に書かれた「光あれ」の言葉は宇宙を形作るための号令のようなものでした。その背後には、測りしれないほどの膨大な愛のエネルギーが渦巻いていたにちがいありません。光は創造主の愛の顕現にほかならないのです。

私たちが光を見ると「美しい」と感じて希望を覚える理由はそこにあると思うのです。

人間の感性にこの愛や美があるのは、世(宇宙)のはじめに既にあったからです。

🔶Angel of fire(火の天使)
Angel of fire.jpg

🔶Angel of water(水の天使)
Angel of water.jpg


3)第3の視点

第1と第2の視点では、描かれた光の中心点を単なる天上世界(霊界・天国)の入り口として、あるいは宇宙を創造した瞬間の根源的な光としてみてきましたが、今度はもっとその奥に踏み込んで見てみたくなるのです。

「いったいその向こう側には何があるのだろうか」

第3の視点は、天上世界(霊界・天国)のさらに向こう側、あるいは天地が創造される以前を垣間見ようとする視点です。

創造以前、それは『無』です。あらゆるものが潜在する『無』なのです。アルファでありオメガ、極大であり極小、一瞬であり永遠、そこでありここ、すべてである無。鏡にも映らず言葉でも絵でも描写することができない『無』。

このあらゆるものが潜在する『無』が、思いをめぐらす(意識する)ことで、この現象世界―霊界そして時間と空間の物質世界が生み出されました。

光りと闇、精神と物質、魂と肉体、男と女、善と悪・・・二元性に彩られたこの現象世界。

もし私たちが、創造のはじまりを超えた究極の意識の一点に立てるなら、この現象世界で目に映るあらゆる問題はとるに足らないことだと思えるに違いありません。そして、この世がただの遊び場であり学びの場であると知って、日々の為すべきことを迷わずに真摯に為せるでありましょう。

私たちは未だによく知らないのです。

NISARGADATTA MAHARAJ氏の「I am that」(私は在る)を読んでみました。

それは理解が難しく、また宗教界の高僧だからといって容易にたどり着ける境地ではなく、でもなんだかすぐそこにありそうな悟りの場。


もしかして、ベニー先生のこの天井画の光を見つめていれば、天地創造の向こう側につながる意識の一点に触れることが出来るかもしれません。

IMG_0480.jpg

ヴィジョナリーアート「幻想の空間」ベニー・アンダーソン


ベニー・アンダーソンの夫人(日本人)が文章を翻訳して送ってくださいましたので掲載します。

Benny Andersson, an American painter, sent me an image of the ceiling painting he is currently making. One of the two ceiling paintings displayed in a building(2m×5m) was completed.
If you look closely at the circular light of this ceiling painting, you will see a lot of angels. And, 6 little bigger Angeles are painted on the outside of the circle of light, and he said that he named all of six Angeles.
Four of these angels are named by "water, air, soil(earth), and fire" which is the four material elements of the earth. This name indicates that angels are working to help God in creating the universe.
If you imagine this picture on the ceiling, you'll feel like angels are coming down from it.
Benny Andersson's painting is a realism painting that depicts the sights and things that are reflected in his third eyes. It's not just a fantasy painting. Therefore, even if the picture of his painting is a landscape that does not seem to belong to this world, there is some sense of reality.
Benny was inspired a lot from the beginning stage of the ceiling painting, but when I look at the light in the finished work, I cannot deny my mysterious feelings like “there was some transcended power in his paintbrushes that the artist had in his hand”.
He is a painter known as the artist of the visionary art (fantasy painting).
Now he's working on the other piece of the painting.

●My personal explanation
When you look at this ceiling painting, the first eye-opening part is a large ring of light. I would like to explain three different perspectives focusing on this light.
1)The first perspective
From the center of the overlapping clouds, dazzling light is radiated outward. This light seems to have appeared suddenly in the jet-black universe and the enormous number of angels are in a cross from the middle.
The array of angels seems to be coming out of the center of light or back to the center of light. In addition, it can be seen in the existence that angels are supporting for not closing the circle of light. Let's say that the central point of this circular light is the entrance and exit of the heaven and earth. If you think of this painting as a ceiling painting, it is reasonable to see the circular light as the light that is being poured into the earth from the heavenly.

2)The second perspective.
The first impression I received from the light was the energy of the creation of the universe, which is said to have started with a single explosion. It's what we call the Big Bang. The inspiration the artist received is difficult to be explained in words and logic, but I think there was probably a sense of "light of creation." So, the light he painted gives a sense of the power of life and creation. And most of all, there is a mysterious beauty. I think there are differences in level and quality in beauty, but it is people's love that can enjoy beauty. And when people try to show beauty, they are moved by love. Beauty and love are energy of the same quality.
The word "Let there be light," in the first chapter of the Old Testament is like His command to create the universe. Behind this, there must have been so much energy of unmeasurable love. Light is nothing but the manifestation of the Creator's love. I think that's why we feel "beautiful" and hope when we see the light. The love and beauty of human sensibilities were from the beginning of the world.

3)The third perspective
In the first and second perspectives, we have seen the center of the light as just the entrance to the Heaven(spirit world) or the fundamental light of a moment of creation of the universe, but this time I want to go further into it.

"What on earth is there on the other side?"

The third perspective is to get a glimpse beyond the Heaven (the spirit world) or before the creation of Heaven and Earth. Before His creation, it was nothing. It is "nothing" that everything is latent. Alpha and Omega, the greatest and the smallest, a moment and the eternity, here and there, everything is nothing. "Nothing" is not reflected in the mirror and cannot be depicted in words or pictures. This phenomenon world - the spiritual world, and the physical world with time and space, was created by the "nothing" that all this thing was able to do latently.




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント