テーマ:現代西洋画家

ベニー・アンダーソン「天井画」②

天井画のタイトルは「神性の光の清らかな浸透」です 一昨年(2019年)秋に日本のある建物の天井画のプロジェクトを立ち上げ、アメリカ在住のベニー・アンダーソン画伯に正式な制作依頼をしたのが昨年(2020年)7月のことです。その半年後の12月にこの天井画(200×530cm)×2点が完成し、ようやく日本に到着したのは今年(2021…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルナール・ビュフェ回顧展「私が生きた時代」

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「ベルナール・ビュフェ回顧展-私が生きた時代」(開催期間2020.11.21~2021.1.24)をみた。 ◇ベルナール・ビュフェ「ピエロの顔」1961年作 Bunkamuraミュージアム ●アート市場を牽引したビュフェ かつて、1989年ころから日本経済がバブルに沸いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニー・アンダーソン(Benny Andersson)「天井画」①

アメリカのベニー・アンダーソン画伯から、彼が現在制作している天井画の画像が送られてきました。ある建物に飾られる天井画の二枚のうち一枚(2m×5m超)が完成したのです。ヴィジョナリーアート「幻想の空間」ベニー・アンダーソン この天井画の円形の光の中をよく見るとたくさんの天使が描かれています。そして光の輪の外側に少し大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more