テーマ:

古谷蒼韻展

日本橋高島屋8階ホールで古谷蒼韻展(書)を見ました。私には気韻を感じることはできませんでした。 上手さや字の美しさは素直に感じます。しかしエネルギーがありません。 米寿記念とのこと。日本を代表する書道家のお1人だと思いますが・・・。 黄庭堅「草書諸上座帖巻」/北京故宮博物院200選(3) 李重煕「気韻生動と五方色」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄庭堅「草書諸上座帖巻」/北京故宮博物院200選(3)

黄庭堅(こうていけん1045~1105)は中国北宋時代の書家、詩人、文学者です。 ●気韻生動を感じる書 東京国立博物館の「北京故宮博物院200選」に出品されている黄庭堅の「草書諸上座帖巻」(1099~1100頃)は、今回の展示で私が最も気韻生動を実感できた一級文物です。 気韻生動に関する説明は以下を参照して…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more