テーマ:アートディーラー

古美術商と新画商「学びを逸した話」

美術商は、作家や業者から作品を預かったり買い取ったりしてそれを顧客に販売する仕事です。作家から作品(新画)を預かって売るだけならば許可は不要ですが、通常、一度でも他人の手に渡った「古物」を扱う場合、警察から古物営業の許可を取得して営業します。 美術品に限らず衣類や自動車など一度売られたものは全て古物です。 美術商の中で主に書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドギュメント「アートバブル’90」

2015年2月7日、ポール・ゴーギャンの作品が史上最高額の3億ドル(約360億円)で落札された。 タイトルは「Nafea Faa Ipoipo(ナファエ・ファア・イポイポ)=いつ結婚するの」(1892年作)。第一次タヒチ時代の名品だ。 非公開のプライベートセールだが、カタールの王室関係者が落札したらしい。 これまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡野岬石・韓国アートフェアーART ASIA2012出品

2012年12月12日より韓国ソウルのCOEX国際貿易センターでアートフェアーART ASIAがはじまり、そこに岡野岬石の作品が出品されています。     ■ART ASIA展示会場風景 このアートフェアーは今回が第一回目で、運営委員の一人である美術評論家の申恒燮(シン・ハンソプ)が、岡野岬石と旧知の仲ということもあ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アートフェアー東京2011「日本的なアートフェアー」

7月29日、有楽町の東京国際フォーラムで開かれたアートフェアー東京2011の初日に行きました。過去にも何度か足を運んでいますが、いつもながら日本的な特徴のあるアートフェアーであることを感じます。          ※アートフェアー会場          ※アートフェアー会場ブース 海外のアートフェアーをそれほど数多く見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more